読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうしようもない蛆虫です。

元ニート現フリーターのワキガ女がお送りします

ワキガと私のくっさい半生Part1(中学生編)

【タイプ:毒 特性:悪臭 得意技:毒ガス】これが私のステータスです。クサモンゲットだぜ!(即リリース)こんにちは、蛆ワキ子です。

 

カテゴリーを作っておきながら、まだ 1つしかワキガに関する記事を書いていないということに気付きました。無意識のうちに避けていたのかもしれませんね…。しかし私という人間を語る上でこの問題は避けては通れないので、そろそろ重い腰を上げて記事を書こうかと思います。

今回はPart1です。3まで続けばいいな…と思っていますが、もしかしたら次で終わるかもしれません。予定は未定、適当です。

そんなわけでくっさい自分語り、はっじまるよ~(^o^)/

 

ワキガについての私の考え

そもそもワキガは遺伝によるものです。両親のどちらかがワキガ体質でなければワキガにはなりません。当たり前ですがワキガに近寄ったからといってうつることはありません。ワキガの人間が着用していた服を他の人が着たら、変な臭いはするかもしれませんが、それはあくまで一時的なものです。風呂に入ればその臭いは消えますよ。

ワキガは手術によって“治る”と言われていますが、私はワキガは病気ではなく体質だと考えています。なのでワキガが“治る”というのは、私は少し違和感があります。手術は臭いを抑える最も効果的な方法であって、悲しいかな体質を根本から変えるものではないのです…。遺伝子の呪縛からは逃れられんのだ…。

とはいえワキガを抑えるための体質改善はすべきですよ。たとえ気休めでも…。

 

父親からの遺伝

私のワキガはDadによってもたらされました。

Dadは耳垢が湿っていますし、父方のGrandma(既に他界)も耳垢はウェットタイプだったようです。完全にワキガの遺伝子持ち家系です。本当にありがとうございました。

とはいえDadは還暦近い年齢のせいか、ワキガの臭いは殆どしないんですよねぇ(加齢臭はするが…)。夏の暑い盛りになるとちょっと臭うかなー?という程度。夏はスプレータイプのデオドラントをしているようですが、それ以外の季節は特に何もしていないんじゃないかな。意識しなきゃ気付かないレベルです。

Grandmaもワキガの臭いはしなかったと思います。まあかなりの高齢でしたから、ワキガは鳴りを潜めていたのかもしれませんね。ある程度歳をとればワキガの臭いはおさまると信じたいですな…切実に。

ちなみにBrotherは非ワキガです。耳垢は完全なドライ。ここでも兄弟間格差があるんですよね。もうね、私は両親の負の遺産を受け継いだとしか思えませんよ…(泣)

 

ワキガが覚醒した中学2年

それまで大人しくしていたワキガという悪魔が、思春期の波に乗って一気に暴れ出した…くっ…!おさまれ…私のワキガッ…!それが中学2年の頃でした。

「自分はワキガなのだ」と認識したのは、部活の大会の帰り道、Momの車の中で臭いを指摘されたことがきっかけです。

J( 'ー`)し「あんた…ちょっと臭うよ(神妙な顔つきで)」

その時は運動して汗をたくさんかいていたこともあり、自分自身でもなんか臭いなと思っていました。でも人に指摘されるとやっぱりキますよね…。

私ね、それ以前はね、臭いとは無関係の素晴らしい人生を過ごしていたんですよ。結構明るい性格だったし、イケてる女子とも仲良くしてたし、男子ともふつーに喋っていたし。それがこのザマだよ…!

私にとって中学2年は悪夢の年であり、人生の明暗を分けるターニングポイントでしたね(ここでは詳細は省きますが、いろいろあってスクールカーストが一気に下がったのです)。

 

Ag+に感動する

自分の臭いに気付いてしまったからには、もう無視するわけにはいきません。なんとか対処しないと。というわけで、ここから私のさいつよのデオドラントを求める旅が始まるのでした…。

まず当時の私はデオドラント=スプレータイプだと考えていました。非ワキガの間ではやはりスプレータイプが一般的。体育の後にはみんなスプレーでシューっとやっていましたしねぇ。

そんなわけでワキガ初期はAg+パウダースプレーの無香料タイプを使っていました。

まだワキガが目覚めたばかりだったからか、これはとてもよく効きましたねぇ。スプレーすると臭いが全くしなくなりましたから。「ワキガなんてちょろいねwww」なーんて、当時は楽観視していました…。

ちなみに私のDadが使用しているスプレーはこのAgの新タイプのやつです(私が当時使っていたものとは違う)。Agシリーズはスプレータイプの中では一番いいんじゃないかな。非ワキガならこのスプレーするだけで臭い対策は十分だと思いますよ。

 

 

クリームタイプのリフレア

Ag+は確かに効いていたんですが、次第に効果が薄れていったんですね。耐性ができたのか、私の臭いが強くなったのは不明ですが。

汗臭いだけの普通の人間ならまだしも、私のようなワキガ人にはスプレータイプじゃやはり無理があったんですよ。スプレーでは悪魔は倒せない…。

そして次に私が手を出したのはリフレアデオドラントクリームという、クリームタイプのデオドラントでした。

これはまあまあ効いていたと思います。でも私の中では可もなく不可もなくという感じだったので、短期間使っただけで他のデオドラントに移行しました。

 

 

デオナチュレと脇の痒み

デオナチュレは最初クリスタルストーンを試しました。この商品は評判もいいですし、日本産のデオドラントの中では確かに臭いを抑える効果は高いです。でも汗っかきの人間には合いませんね…汗で流れてしまいますから。それにいちいち水で濡らさなきゃいけないのがネックなんですよねぇ。いい商品だとは思うんですが…。

ソフトストーンWの方は気に入って長期間使用していました。防臭効果もバッチリでしたしね。超軽度~軽度のワキガならまあ問題はないでしょう。試してみる価値はあると思いますよ。

ただし、デオナチュレは私にとって100%完璧なデオドラントというわけではありませんでした。

デオナチュレを塗ると脇がめちゃくちゃ痒くなったんですよ。

ほんとに痒かった。痛みもあった。痛痒くて授業に集中できなかったし、授業中何度脇を掻き毟りたいと思ったことか…。今まで色々なデオドラントを使ってきましたが、痒みの症状が出たのはこのソフトストーンWだけです。皮膚は強い方だと思うのですが、これは私の脇には合わなかったんでしょうねぇ…。

とはいえデオナチュレは私のワキガ臭さを確かに抑えてくれる。

防臭効果と脇の痒み、どちらを取るか。

天秤に載せた結果…防臭効果が勝ちました

 

てなわけで中学時代後半はデオナチュレと痒みと一緒に過ごしたのでした。

あ、もちろんワキガともね。

 

Part2に続く!

 

 

 

↓みんな!クサモンを応援してくれよな!

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村